■プロフィール

okanoue2015

Author:okanoue2015
丘の上カフェ実行委員会
・川崎市多摩区に、だれが認知症になっても安心して住み続けられる地域になって欲しいと、「カフェ」を月1回開いています。運営は地域の住民がボランティアで行っています。
長沢壮寿の里地域包括支援センターと多摩区役所地域みまもり支援センターが支援してます。
・H27年度、H28年度、H29年度は、「磨けば光る多摩事業」の委託事業
・連絡先  090-6314-5332  

*開催場所
・みた・まちもりカフェ 
 
 多摩区三田1-13 
    ソフトタウン生田104
 小田急線生田駅南口から
   OKストアに向かいとほ10分。
   三田郵便局北側。
 バス:向ヶ丘遊園駅北口バス停より
      明治大学正門行  
        「西三田団地中央」下車  
         坂を下り  徒歩1分

・三田こども文化センター

  川崎市多摩区三田3-7-4
   生田駅より徒歩10分~15分
   バス 向ヶ丘丘遊園発 向13
       明治大学正門行 
      西三田幼稚園前下車1分

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新記事
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第24回 丘の上カフェの様子
丘の上201612⑥
12月の丘の上カフェは「先輩介護者の話を聞こう」のテーマで、リニューアルオープンしたばかりの、みた・まちもりカフェで行いました。 色々な話が出て、有意義な時間でした。

・親の認知症に気が付いたきっかけ:離れて住んでいたため、時々様子を見に行っていたが、来なくてよいと避けるようになり、ゴミががたまっていた。極度の薬の飲み忘れ。道に迷う。同じ事を何度も言う。

・家族を支えるにあたっての工夫:遠距離介護の場合は、近所の人にも事情を話し電話で様子を聞いてみる。義父母の場合は、実の子である配偶者に病院に付き添ってもらい関心を持ってもらう。煮詰まったら部屋を出て離れてみる。外をとにかく歩く。

・専門医、調剤薬局、地域包括支援センターに聞けば、便利な制度、用具、方法など教えてもらえます。決して一人ではありませんよ!!

スポンサーサイト
丘の上カフェ | 08:11:10 | コメント(0)
第25回 丘の上カフェのお知らせ
日時:1月24日(火) 10時~12時  
場所:みた・まちもりカフェ  (三田こども文化センターではありません!)
      (新店舗です。引っ越しました。旧店舗からOKストアに向かって隣のマンションです。
       多摩区三田1-13 ソフトタウン生田104
      バス: 向ヶ丘遊園駅北口バス停より明治大学正門行  「西三田団地中央」下車 
           坂を下り  徒歩1分
テーマ: 「多摩区の在宅医療・認知症の方の事例も含めて」
     お話し: 鈴木 忠医師(チームたま、たまふれあいクリニック)
参加費:100円

今回は、「チームたま」の鈴木医師のお話があります。多摩区で在宅診療をなさっています。
関心のある方、どなたでもおいで下さい。

丘の上カフェ | 07:28:35 | コメント(0)

FC2Ad