■プロフィール

okanoue2015

Author:okanoue2015
丘の上カフェ実行委員会
・川崎市多摩区に、だれが認知症になっても安心して住み続けられる地域になって欲しいと、「カフェ」を月1回開いています。運営は地域の住民がボランティアで行っています。
長沢壮寿の里地域包括支援センターと多摩区役所地域みまもり支援センターが支援してます。
・H27年度、H28年度、H29年度は、「磨けば光る多摩事業」の委託事業
・連絡先  090-6314-5332  

*開催場所
・みた・まちもりカフェ 
 
 多摩区三田1-13 
    ソフトタウン生田104
 小田急線生田駅南口から
   OKストアに向かいとほ10分。
   三田郵便局北側。
 バス:向ヶ丘遊園駅北口バス停より
      明治大学正門行  
        「西三田団地中央」下車  
         坂を下り  徒歩1分

・三田こども文化センター

  川崎市多摩区三田3-7-4
   生田駅より徒歩10分~15分
   バス 向ヶ丘丘遊園発 向13
       明治大学正門行 
      西三田幼稚園前下車1分

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新記事
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

お仲間紹介コーナー 地域カフェ こんふぉ~る
こんふぉーる1544カフェ
こんふぉ~るは地域に住む色々な世代の人たちが、ふらっと立ち寄れる自由な居場所です。

デイサービスと隣り合ってゆったりとした雰囲気のカフェです。
時々隣のデイサービスから、楽しそうな声が聞こえて和みます。
歌う会、体力測定等も定期的に行っています。
小さなお子さん連れのグループも来やすいカフェです。

毎月第4土曜日 土曜日ランチ  11:30~15:00
          ちょい飲みバー 17:30~20:00

月曜日~金曜日 (祝日休み)    10:30~16:00  開店

川崎市多摩区菅仙谷2-9-1
TEL. FAX: 044-712-4438

スポンサーサイト
お仲間紹介コーナー | 06:49:31 | コメント(0)
第25回 丘の上カフェの様子


1月24日(火)「多摩区の在宅医療・認知症の方の事例も含めて」をテーマに、たまふれあいクリニックの鈴木 忠医師にお話を伺いました。

 戦後まもなくは日本人の8割強が自宅で亡くなってましたが、1970年代半ばから逆転し、今や8割の人が病院で亡くなります。
その方が安心との見方がある一方、家族はご本人よりも心電図等の計器の数字を一生懸命に見ている奇妙な光景も。
また病床不足で病院ではなかなか死ねなくなるのも現状です。

 鈴木先生は、2人の医師と多摩区の在宅医療を支えています。
肺を患いながらも、好きな煙草を楽しみながら亡くなった方。癌の治療法にこだわり、とことん自宅で試された方。
在宅医療は人の生き方も支えています。
認知症の話では、ご本人や家族の話を十分に聞いて、薬を適切に出すことの大切さを伺いました。
また認知症の方の行動には意味があることも多いので、探ることが対応のヒントになることも勉強になりました。



丘の上カフェ | 06:35:05 | コメント(0)
第26回 丘の上カフェのお知らせ
日時:2月21日(火) 10時~12時  
場所:みた・まちもりカフェ  
       多摩区三田1-13 ソフトタウン生田104
       小田急線生田駅南口からOKストアに向かいとほ10分。三田郵便局北側。
       バス: 向ヶ丘遊園駅北口バス停より明治大学正門行  「西三田団地中央」下車 
           坂を下り  徒歩1分
テーマ: 「お子さんも障害を持つ方も年配の方も関係する地域包括ケアシステムってなーに?」
お話し: 長沢壮寿の里地域包括支援センターの方
参加費:100円

関心のある方、どなたでもおいで下さい。
テーマの話の後は、参加者の自由なおしゃべりタイムです。


丘の上カフェ | 06:07:44 | コメント(0)

FC2Ad